2017年10月09日

アンコールという薪ストーブ

バラしてみるとわかること。
IMG_5426.JPG

うん、ただの鉄の箱じゃないよね。当たり前か。

炉内の奥にはテクノロジーがギュッと詰まってる。きっと設計と製作では想像できない作業があったのだろうとは思う。
でも使ってみると改善したいこともでてくる。一筋縄ではいかない道のりだろうけど、いつの日か生まれ変わる日がくると想像した、とあるメンテナンス風景。
posted by hickory at 18:23| 岡山 ☀| Comment(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。