2013年11月25日

鶏肉と野菜の蒸し焼き

stovecook1.jpg
スキレットに鶏の手羽元とニンニク、ジャガイモ、人参、タマネギをごろごろっと入れてローズマリーの葉っぱとオリーブオイルかけて、蓋して薪ストーブに入れたら熾きをちょっと乗せて20分。

stovecook2.jpg
おいしい蒸し焼きのかんせ〜〜い!!

レシピは以前アップしたハーブチキンのアレンジです。
野菜がとにかくおいしいのです。
旨味がぎゅっと濃縮された感じ。
簡単ですからぜひお試しください♪

posted by hickory at 18:22| 岡山 ☔| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

イワシのパン粉焼き

iwasi3130.jpg

こんがりキツネ色に焼けたパセリ入りパン粉とふっくら柔らかなイワシの食感がたまりません!
熱々をほおばればついつい食べ過ぎてしまう一品です。

レシピ(10インチスキレット1台分)
★材料
  イワシ                4尾
  パン粉                20〜30g
  パセリ(みじん切り)         大さじ1〜1.5
  にんにく(薄切り)          1かけ
  塩・コショウ             適宜
  オリーブオイル            適宜
  
★作り方
1.イワシは頭を落し腹に切り目を入れて内臓を出し、洗ってから開いて骨を取る。
2.ペーパータオルで水分を拭き、塩・コショウをふる。
3.パン粉とパセリを混ぜておく。
iwasi3126.jpg
4.スキレットにオリーブオイルを薄く延ばしてイワシを並べ、パン粉で覆うようにする。
5.にんにくを散らしてオリーブオイルを全体に廻しかける。
iwasi3128.jpg
6.薪ストーブのトップの温度が230℃位で、熾き火の状態になったらクッキングスタンドを入れスキレットを上に置く。
7.ドアを閉めて7〜8分で表面にきれいな焼き色がつけば出来上がり。
8.そのままテーブルに運んで熱々をいただきましょう!

薪ストーブだとイワシの臭みも無く風味豊かに仕上がります。
短時間でカリっと香ばしく焼いて召し上がれ♪

posted by hickory at 18:00| 岡山 ☁| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

スコーン

scon3198.jpg
イギリスのティータイムには欠かせないと言われる家庭的な焼き菓子スコーン。
ここで紹介するのはおやつにも朝食がわりにもなるプレーンなタイプです。
薪ストーブで焼くと外はカリッ、中はフンワリとした優しい風味に仕上がります。

レシピ(10個分)
★材料
  薄力粉                200g
  ベーキングパウダー          大さじ1
  砂糖                 大さじ2
  塩                  少々
  無塩バター              60g
  牛乳                 120cc
  卵黄                 1個

★作り方
1.ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、塩、砂糖、冷たいバターも入れる。
2.ナイフ2本を使ってバターを切り込みながら粉と混ぜ合わせて細かくし、さらに指で揉みほぐすようにしてパラパラの状態になるまで混ぜる。
3.卵黄と牛乳をよく混ぜて注ぎ、手早く混ぜてひとまとめにする。
4.台に打ち粉を振って生地を取り出し、指先を使って1分位軽くこねる。(こねすぎないよう気をつけること)
5.棒状にまとめた生地をナイフで10等分に切り、1個ずつ手でまんじゅう型に整える。
scon3184.jpg
6.アルミ箔とオーブンペーパーを敷いたスキレットに間隔を空けて並べ、牛乳少々(分量外)を刷毛で塗る。
scon3192.jpg
7.薪ストーブのトップの温度が180℃〜200℃位で、完全に熾き火の状態になったらクッキングスタンドを入れスキレットを上に置く。
※底が焦げ易いのでスタンドの下の熾きは左右に避けておく。
8.ドアを閉めて12〜13分経ったら出来上がり。
scon3193.jpg
9.取り出して少し冷めたら柔らかく練ったバターやサワークリーム、ジャムなどをつけていただきます。
イギリス風にぜひ温かいミルクティーと共に楽しんで下さい♪
posted by hickory at 11:27| 岡山 ☁| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

ストウブ鍋でつくる野菜の蒸し焼き

staub2.jpg

素材の旨味を引き出すストウブ鍋ならではの調理法です。
シンプルで驚くほど簡単ですが、野菜のおいしさにびっくりしますよ♪
野菜はこの他お好みでいろんなものに代えてみてくださいね。

レシピ(2〜3人分)
★材料
  ジャガイモ              小4個
  カリフラワー             1/2個
  ミニタマネギ             4個
  セロリ                1/2本
  ベーコン               2枚
  オリーブオイル            適宜
  塩                  適宜
  コショウ(粗挽き)          適宜
  粒マスタード             適宜

★作り方
1.ジャガイモ、ミニタマネギは皮を剥く。
2.カリフラワーは大きくざっくりと切る。
3.セロリは筋を取り、2センチ角くらいに切る。
4.ベーコンは半分に切り、鍋に敷く。
5.野菜をベーコンの上に順番に並べていく。
6.塩をパラパラっと降り、オリーブオイルを回しかけて蓋をする。
7.薪ストーブのトップに鍋を置く。
staub1.jpg
8.トップの温度は200℃〜220℃くらいを維持して40分程加熱する。
9.全ての野菜に充分火が通ったら、コショウをかけて出来上がり。

お皿に盛りつけて、お好みで粒マスタードを添えていただきます。
posted by hickory at 18:34| 岡山 ☀| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

アルファベットクッキー

cookie0.jpg

おやつの定番、親子で楽しく作れるクッキー。
アルファベットを覚えながら作れる丈夫な鋳物製のクッキートレイを使って薪ストーブで焼いてみましょう!

レシピ(アルファベットクッキートレイ1枚分)
★材料
  薄力粉          150g
  ベーキングパウダー    少々
  無塩バター        70g
  砂糖           70g
  卵黄           2個分

★作り方
1.バターを1cm角に切って冷蔵庫で冷やしておく。
2.薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるいにかけてボウルに入れる。
3.冷たいバターを加えて指で粉と混ぜ合わせていく。
4.全体が粉チーズ状にパラパラになったら砂糖を入れて更に混ぜる。
5.卵黄を加えて生地がひとつにまとまってきたら、こね板に生地を取り出す。
6.全体になめらかな状態になるまでこね板に生地をこすりつけるようにしてこねる。
7.生地をひとつにまとめてラップで包み、冷蔵庫で約1時間休ませる。
8クッキートレイに指で生地を押し付けるようにして詰めていく。

cokie1.jpg
9.薪ストーブは熾きの状態で炉内の温度が180℃くらいになったらクッキングスタンドを置いてクッキートレイを乗せて扉を閉める。
※熾きを左右によけて下火が強くなり過ぎないように気をつけること。

cokie2.jpg cokie3.jpg
10.10分〜15分で焼き上がり。
型からはずして網の上で冷まして出来上がり!
アルファベットの中の模様がちゃあんと分かるかな?

cookie5.jpg
このトレイで作りました。
posted by hickory at 15:37| 岡山 ☀| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ストウブ鍋でキノコごはん

kinoko5.jpg
秋の味覚、キノコをいっぱい入れたちょっと和風味のピラフです。
ストウブ鍋を使えば、簡単においしく作れますよ!
キノコはこの他お好みで数種類組み合わせてみてくださいね。

レシピ
★材料
  米                  2カップ
  エリンギ               2本
  シメジ                1パック
  舞茸                 1/2パック
  ベーコン               50g
  ゴボウ                1/3本
  オリーブオイル            適宜   
  塩                  適宜
  固形スープの素            1個
  しょうゆ               適宜
  コショウ(粗挽き)          適宜

★作り方
1.米は30分くらい前に洗ってザルに上げておく。
2.ゴボウは千切りにし、5mmくらいの長さに切りそろえて水に放してあく抜きする。
3.ベーコンは5mm巾に切り、キノコは石突きを取りほぐしておく。

kinoko1.jpg
4.ストウブ鍋を中火にかけ温まったらオリーブオイルを入れ、ベーコンを炒め続いてゴボウ、米の順に入れ炒める。
5.米が透き通ってきたらキノコを入れ、米と同量の水と固形スープの素を砕いて入れる。

kinoko2.jpg
6.塩としょうゆ少々で調味して鍋が沸騰したら火を弱火にし、蓋をして10分炊く。
7.10分経ったら火を強め15秒待って火を止めて10分蒸らす。
8.コショウをふって混ぜたら出来上がり。
posted by hickory at 16:22| 岡山 | Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

リンゴのグラタン

リンゴがおいしい季節です!
出来立ての熱々も冷めてもおいしいリンゴのグラタンを作ってみました。
lingo.jpg

レシピ(10インチスキレット1台分)
★材料
  リンゴ                2個(大きめ)
  バター                15g
  きび砂糖               30g
  レモン                1/2個
  シナモンパウダー           適宜
 
 カスタードクリーム
  卵黄                 2個
  グラニュー糖             40g
  薄力粉                15g
  牛乳                 150cc
  生クリーム              150cc
  バニラエッセンス           少々

★作り方
1.カスタードクリームを作る。
 卵黄とグラニュー糖をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。
2.薄力粉も入れて更に混ぜる。
3.温めた牛乳を少しずつ入れながらよく混ぜる。
4.均一に混ざったら、鍋に移し火にかけてヘラ等で敷き付かないように気をつけながらとろみをつける。
5.しっかり火が通ったら生クリームとバニラエッセンスを入れてひと混ぜして火から下ろす。

6.リンゴは皮をむき、5ミリ位の厚さのくし形に切る。
lingo1.jpg
7.ストーブトップで温めたスキレットにバターを溶かし、リンゴを並べて砂糖をふりかけて両面焼く。
8.リンゴが透き通ってきたら、レモンを絞ってシナモンをかける。

lingo2.jpg
9.リンゴの表面を覆うようにカスタードクリームをかける。

lingo3.jpg
10.薪ストーブは熾きの状態で炉内の温度が200℃くらいになったらクッキングスタンドを置いてスキレットを乗せて扉を閉める。
※熾きを左右によけて下火が強くなり過ぎないように気をつけること。

lingo8.jpg
11.約15分位で表面が色づいてきたら焼き上がり。
lingo7.jpg lingo5.jpg
posted by hickory at 11:53| 岡山 ☀| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

スモークサーモン

kunsei1752.jpg

寒いこの時期ならではのスモークサーモン。
少し時間は掛かりますが、手作りのスモークサーモンは最高に美味しいですよ!
市販のものより少し塩加減がきついのでサラダやマリネ、カルパッチョにオススメです!


★材料
  サーモン(下ごしらえをしたもの)   半身1枚
  オレンジ               1/2個
  ピックル液              200c
  砂糖                 30g
  ハーブオイル             適量
  粒こしょう              適量
  ハーブ
 (タイム、ローズマリー、フェンネルなど)適量
  
★作り方
1.サーモンは皮を引き、下ごしらえをしたものを用意する。
kunsei4449.jpg

2.ピックル液(漬け込み液)にハーブとコショウを混ぜ込む。
DSCF4447.JPG

3.漬け込み液を容器に移し、サーモンを入れ、その上にスライスしたオレンジをのせる。
4.ラップをし冷蔵庫に入れて2日間漬け込む。(1日漬け込んだらひっくり返す)
kunsei4451.jpg DSCF4488.JPG

5.2日間漬け込んだら塩抜きです。冷蔵庫から取出したサーモンを流水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
kunsei4489.jpg kunsei4491.jpg

6.この状態で半日陰干しで乾燥させ、乾燥したらハーブオイルをハケで塗る。(できるだけ薄く塗ることがコツです)
 この作業を何度か繰り返しながら2日間陰干しする。(干物を作るネットが便利)
kunsei4494.jpg kunsei4500.jpg kunsei4501.jpg

7.ストーブの炉内の底にアルミホイルを敷く。(オイルが落ちるため)スタンドに焼き網をのせ、サーモンを置く。
 スモークウッド(サクラがベスト!)に火を付け、約6時間燻煙する。(スモークウッド90分×4本)
 冷燻であるため炉内温度を30度前後に保つ。
kunsei4525.jpg kunsei4527.jpg

8.燻煙が終わると外気にあて、2日間ほど熟成させれば完成!(外気温が高い場合は冷蔵庫で熟成させる)
kunsei4531.jpg
posted by hickory at 11:33| 岡山 ☀| Comment(2) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

ベーコン

Let's stove Cooking!ベーコンを作ってみましょう!
ダッチオーブンやスモーカーを使わずストーブの炉内で燻製します。
60〜70度の温度でする燻製(温燻)なので温度調整が難しいですが慣れれば簡単です。

★材料
  豚バラ肉               500g
  ピックル液(※)           200cc
  白ワイン(お酒)           100cc
  みりん                100cc
  にんにく(擦りおろし)        1片
  三温糖                適量
  粒こしょう              適量
  クローブ               適量
  ローズマリー             適量


★ピックル液の材料
  水                  1.5L
  天然塩                400g
  三温糖                50g
  しょうゆ               70cc
  ウィスキー              30cc
  好みのハーブやスパイス類       適宜

  ※ピックル液の作り方
  1.ウィスキーとハーブ以外の材料を鍋に入れ、火にかけ沸騰させる。
  2.沸騰したら弱火にして20分程煮る。アクが出たら丁寧にすくい取る。
  3.火を止めて、ウィスキーとハーブ・スパイスを加え、冷めたら保存瓶に移しておく。

★作り方
1.ピックル液に他の材料を混ぜ合せ、ビニール密閉袋に豚バラ肉を入れ4日ほど漬け込む。(塩づけ)
bacon4380.jpg

2.漬け込んだ豚バラ肉をボウルに取り3時間ほど冷水で流す。(塩抜き)
bacon4388.jpg

3.しっかり水気を取り、外気に触れる日陰で1日乾かす。(干物を作るネットが便利)
bacon4394.jpg

4.薪ストーブにクッキングスタンドを置き、焼き網の上に肉を置く。
お好みのスモークウッド(90分×3本)に火を付けスモークする。
温燻にするため、炉内温度を100度くらいにして開始する。(ここがキモ!)
bacon4408.jpg

5.スモークされた肉(もう既にベーコンの色!)を取り出し1日陰干し、熟成させれば完成です!
bacon4432.jpg

bacon4421.jpg
ベーコンを薪ストーブで焼きながら片手にウイスキーは最高です!
posted by hickory at 20:21| 岡山 ☀| Comment(0) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

ホットジンジャー(原液)


jin4279.jpg

★材料
  しょうが               100g
  シナモンステック           1本
  鷹の爪                1/2本     
  クローブ               4個
  三温糖(黒糖)            70g
  蜂蜜                 10g
  レモン                2/3個
  水                  200cc
                

★作り方
1.しょうがを皮のついたまま擦る。
jin4280.jpg

2.レモンと蜂蜜以外の材料を鍋に入れ、200ccの水を注ぐ。
jin4282.jpg jun4286.jpg

3.ストーブトップで弱火でコトコト30分ほど火にかける。
jin4293.jpg
※沸騰させてしまうとスパイスの香りが飛ぶので要注意!
※たまにかき混ぜる。

4.蜂蜜を入れる。
jun4300.jpg

5.30分経ったらザルで漉す。(鍋の中でコトコと煮立ったらOK)
※擦ったじょうがをへらで絞り出す。
jun4302.jpg

6.冷めたらレモンを絞り、密閉ビンに移して保存する。

これで原液のできあがり。
薪ストーブのポットのお湯で割ってホットジンジャーです。風邪の予防にもなる飲み物ですね!
炭酸水で割るとオリジナルジンジャエール、ビールで割るとシャンディーガフです。
 
posted by hickory at 23:48| 岡山 ☀| Comment(2) | Let's Stove Cooking! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする